Exhibition
タイトル画像

 ギャラリー・パルクでは、2013年8月6日[火]から8月18日[日]まで、様々な映像作品のディレクションや制作に加え、イラストレーションやグラフィックデザインなどを手掛けるYKBXによる個展「 -timeless- "you were talking about the end of the world" 」を開催いたします。

 本展は、2013年5月に渋谷オーチャードホールで行われたボーカロイドオペラ「 THE END 」では共同演出と映像ディレクター、キャラクターデザインを務めたYKBX(アーティスト/アートディレクター)の、『 YOU WERE TALKING ABOUT THE END OF THE WORLD 』シリーズの平面作品と、『 ignite JK 』シリーズの平面作品とともに、アップデートされた『 YOU WERE TALKING ABOUT THE END OF THE WORLD∞ 』の映像作品を中心に、昨年マイアミで行った"PULSE ART FAIR"のスピンオフ展示として、GalleryPARCにて国内初展示いたします。

 世界の終焉を迎える瞬間をスクリーンにとどめ、浮遊させる試みである『 YOU WERE TALKING ABOUT THE END OF THE WORLD ∞ 』、女子高生(15歳~18歳の精神的にも肉体的にも、子供と大人の中間の存在)をモチーフとした『 ignite JK 』。

 「過ぎ去る時間と風景・再生と消失」を一貫したテーマとして、YKBXによる圧倒的な画力により示されたこれら作品が一連で展示される本展は、YKBXの世界観が鮮烈に映しだされる空間になるでしょう。

 平面・映像作品からなる本展をどうぞお楽しみください。

ステートメント

本展は、YKBXオリジナル作品 "you were talking about the end of the wor ld"と"ignite JK"から構成され、昨年マイアミで開催された"PULSE ART FAIR"のスピンオフ展示となる。

これらの作品に対して一貫したテーマは、”過ぎ去る時間と風景・再生と消失”としている。

無限に生まれては消えていく大量イメージのカオティックな曼荼羅を表現した『you were talking about the end of the world』シリーズから、その平面作品《you were talking about te end of the world " (SHIRO)》と《"you were talkin g about the end of the world"(KURO)》を展示し、ネガとポジという対になるものを並列に配置し相殺され続ける相互の空間・関係性をある種の無限性として表現した。

また、プログラミングでそれを体現し無限の時間軸を再現した『you were talking about the end of the world" ∞(infinite)』は、永遠と流れ続ける大量のイメージを、生産と消費を圧倒的な速度で循環させ、映像作品として収めた。

*この "you were talking about the end of the world"シリーズに関しては、アップデートしていく事を前提としており、現時点でいくつものバージョンが存在する。

"ignite JK" 消失する10代。女子高生=JKを限りある生命体として客観的にオブジェクトとして描いたもの。自らの熱量を、無自覚に発火・燃焼させ、消失していく10代のイノセントを表現した。

展覧会について

YKBX(アーティスト/アートディレクター)によるエキシビション「-timeless- "you were talking about the end of the world"」は、2012年12月「PULSE ART FAIR MIAMI」にて発表されたYKBXのオリジナル作品『YOU WERE TALKING ABOUT THE END OF THE WORLD』シリーズの平面作品2点、『ignite JK』シリーズの平面作品数点、そしてアップデートされた『YOU WERE TALKING ABOUT THE END OF THE WORLD∞』の映像作品をGallery PARCにて国内初出展する。

『YOU WERE TALKING ABOUT THE END OF THE WORLD∞』は、世界の終焉を迎える瞬間をスクリーンにとどめ、浮遊させるこころみである。YKBXによる圧倒的な画力が生み出したモチーフがスクリーン上に、曼荼羅のように増殖していく。それらはコンピュータ・プログラムによって、通常のアニメーション手法では不可能なほどの圧倒的な物量に増殖され、鑑賞者を圧倒する。
この作品は、通常の映像と違って、始まりも終わりもない。乱数によって、再現不可能なイメージが増殖され続けている。

『ignite JK』は、「日本社会においては、年齢が若いということがもてはやされている。”女子高生”(JK)は、日本において最も商品価値が高い女性の形態。たった3年間の”賞味期限“を彼女達は生き、JKというブランドを全うする。学校が与える制服は、どんなハイブランドよりも価値の高いものである。」として、「JK(=女子高生)を15歳~18歳の精神的にも肉体的にも、子供と大人の中間。まさにネオテニーを体現する存在」として取り上げている。

本作品においてYKBXは、JK自身の内圧と外圧からくる熱量を自己発火している表現に置き換えてビジュアライズした。世間における立ち位置は不安定で頼りないが、なにものも彼女達を妨げることはできない。

そのエネルギーは、発熱ともいえる。その熱は力強いものでもあるが、3年間の限られたタイムラインでのみ作用する熱である。今現在の自分自身という存在を自己発火し、燃やし尽くしていく様は、まるでロウソクのようにも捉えられる。

これらの作品により、エキシビション「-timeless- "you were talking about the end of the world"」は、YKBXの世界観が鮮烈に映しだされる空間となるだろう。

作家略歴


YKBX

Director/Art Director/Artist

各種映像作品のディレクションや制作に加え、イラストレーションやグラフィックデザインなどを手掛ける。 トータルアートディレクションを目指した作品を数々制作し、国内外の映画祭やイベントで高く評価される。

2013/5/23,24、渋谷オーチャードホールで行われたボーカロイドオペラ「THE END」では共同演出と映像ディレクター、キャラクターデザインを務めた。
また同作は11月にパリ・シャトレ座での海外公演も決定している。

 
作品画像

"you were talking about the end of the world"(KURO)
©YKBX

作品画像

"you were talking about the end of the world"(SHIRO)
©YKBX

作品画像

"ignite JK kinpatsu "
©YKBX

空白