Exhibition
タイトル画像

ギャラリー・パルクでは、2013年5月21日[火]から6月2日[日]まで、山本雄教による個展「What is there:コメをみる※コメにみる」を開催いたします。

成安造形大学日本画クラスを卒業、2013年に京都造形芸術大学大学院美術表現専攻日本画領域を修了した山本雄教(やまもと・ゆうきょう/京都・1988~)は、これまでに日本画の画材・技法だけにとらわれない作品制作を続けています。

山本はおもに日本画材を使用し、点字ブロックや1円玉、電柱やエスカレーターなど、日常見慣れた対象を取り上げることで、そこに当たり前でありながらも不可思議な光景を出現させます。絵画的なイリュージョンを過度に盛り込む事無く、対象に向ける眼差しの確度・距離を違える事で描き出される画面には、私たちの「見る・知る」世界の少し違った姿が描き出されます。

本展ではそのテーマに「米」を取り上げ、パール顔料などの光沢性を帯びた画材により線描で描かれた作品を中心に構成されます。鑑賞する時間帯によっても変化するその作品を通して「コメを見る」ことで、鑑賞者は普段食べている米に思いを馳せる、あるいは全く関係のない何かを「コメに見る」かもしれません。

山本作品を通じて、日常の視界に潜む多様な視覚体験をご体験ください。

ステートメント

茶碗に入った一粒の米、財布に入った一円玉、そんなすぐそこにあるものこそが、実際はあらゆるものにつながっている。

「一枚の葉っぱが手に入ったら、宇宙全体が手に入るでしょう。」 これは日本画家の小倉遊亀が師の安田靫彦から受けた言葉です。 これは描く対象に無心で接することを説いた言葉ですが、私はその本来の意味とともに、葉っぱという小さな対象が宇宙という遙かにスケールの大きなものにつながっていくところに、視界が一気に開けるような感覚を覚えました。

一枚の葉っぱが足下に落ちていたとしても、見ようとしなければそれはただの葉っぱでしかなく、あるいは葉っぱですらありません。しかしひとたびそこに目を向ければ、そこには宇宙を見るかのような世界が広がっている。安田靫彦の言葉から、私はそのような思いを持ちました。 私はそんな広がりを、日常生活の中で見落としてしまいがちな些細なものから見つけたいと思っています。 例えば一粒の米から、一円玉から、自分の暮らす社会や世界全てにつながるような感覚を得られたら、それはまさに目の覚めるような出来事です。

ミクロの世界が、様々な問題、疑問、不安、面白さ、希望を含んだマクロなものに変わっていく、そんな体験をすることができる作品を私は生み出したい。 一粒の米が手に入ったとき、宇宙全体は手に入るだろうか。

展覧会について

今回出品する作品は、主に米を線描で描いたものです。線描で描かれた米は、パール顔料という光沢性のある画材を使っているため、角度や距離によって見え方が大きく変わります。

その見え方の変化はあくまで視覚的な問題ですが、しかしその角度や距離というのは私たちの生活に対する眼差しともリンクするのではないでしょうか。 普段みているものを違う角度や距離からみてみる、そのことによってみえてくるものは違っていきます。

それは普段食べている米に思いを馳せることかもしれませんし、もしくは米とは全く関係ない何かかもしれません。 そのような様々な「みる」ことがこの展覧会から生まれればいいなと思います。

作家略歴

山本雄教 YAMAMOTO Yukyo          

1988年 京都生まれ
2010年 成安造形大学 日本画クラス 卒業
2011年 成安造形大学 研究生 修了
2013年 京都造形芸術大学大学院修士課程ペインティング領域 修了

個展

2010年 「連続していく対象」(ギャラリーはねうさぎ/京都)
「米騒動」(成安造形大学コンテンポラリーギャラリー/滋賀)
2011年 「どこへ行く」(ギャラリーはねうさぎ/京都)
「し・てん」(gallery PARC/京都)

おもなグループ展

2007年 「今-toki-展」(gallery maronie/京都'08,'09,'10,'11,'12)
2009年 「HOPEWORK」(ギャラリーCASO/大阪)
2010年 「I♡あめりか」(ギャラリーはねうさぎ/京都)
「第2回Kyoto Current」(京都市美術館別館・高島屋京都店)
「-輪-成安造形大学日本画クラスグループ展」(むろまちアートコート/京都)
2011年 「K2展vol.4」(京都市美術館別館'12,'13)
「画心展vol.8」(むろまちアートコート/京都'12)
「表面張力」(ARTZONE/京都)
「ZOU-日本画or Not-」(ギャラリーCASO/大阪)
「十一の海」(SPACE NIO/東京)
「黎明展」(ギャラリーi/京都)
2012年 「日本画家のオブジェ展」(gallery maronie/京都)
「画心展selection vol.2」(佐藤美術館/東京、康耀堂美術館/長野)
「fitting room」(Gallery Ort Project/京都)
「SPURT2012」(Galerie Aube/京都)
「紙技百藝2012」(雅景錐/京都、時折/名古屋、HIGURE17-15 cas/東京)
「ZOU-日本の絵-」(gallery maronie/京都)
「ASIA&RICE 2012」(ソリアートセンター/韓国チョンジュ)
「現代アート展」(大津百町館/滋賀)
2013年 「贈展」(ギャラリー恵風/京都)
「画心展selection vol.3」(佐藤美術館/東京)

賞歴

2010年 「成安造形大学卒業制作展」日本画賞 (京都市美術館)
2012年 「京都府美術工芸新鋭展 2012京都美術・工芸ビエンナーレ」入選 (京都文化博物館)
「ART AWARD NEXT2012 Vol.2」審査員賞 (東美アートフォーラム/東京)
「公募 日本の絵画2012」入選 (永井画廊/東京)
2013年 「京都府美術工芸新鋭展 2012京都美術・工芸ビエンナーレ」公募部門大賞(京都文化博物館)
「美術新人賞デビュー2013」準グランプリ(ギャラリー和田・フジヰ画廊/東京)
 
作品画像

米と箸
2012年 125×184cm
鳥の子紙、パール顔料、水干絵具、墨

作品画像

どこへ行く-竹林図的図-
2011年 180×582cm
鳥の子紙、墨、鉛筆、ボールペン
「し・てん」@Gallery PARC

作品画像

golden blocks
2011年 278×185.5cm
鳥の子紙、洋箔、墨
「し・てん」@Gallery PARC

作品画像

(左から)
悲しむ男 翻弄される男 微笑む男
2013年
(左から)162×130cm、280×224cm、130×162cm
高知麻紙、アルミ箔、鉛筆、一円玉
「2012年度京都造形芸術大学大学院修了展」

空白