Exhibition

Gallery PARC[グランマーブル ギャラリー・パルク]では、2012年5月23日から27日まで、「da tre:岩田眞砂子・小河浩子・塚本千恵美 展」を開催いたします。

本展はニットデザイナーとして活躍する岩田眞砂子(いわた・まさこ)、ファッションやインテリアなど多方面に渡ってスタイリング、コーディネートを手がける小河浩子(おがわ・ひろこ)、バック制作を手がける塚本千恵美(つかもと・ちえみ)の3名によるグループ展です。

編み物教室講師やアパレルのニットデザイナーとして、20代後半から現在までニットと関わり続ける岩田眞砂子。

グランマーブルのディスプレイをはじめ、数多くの店舗・ホテルなどのディレクションやディスプレイ、インテリアコーディネートなどで幅広く活躍する小河浩子。

日本の「和」とイタリア・フランスの「洋」の融合、「古きもの」と「新しきもの」の融合をテーマにバッグ制作を続ける塚本千恵美。

『da tre=イタリア語で3人で・3人から・3人によって』と名付けられた本展は、これまで各分野で永きに渡って活躍されて来た3名のクリエイターが、「他者・異素材・からの刺激を受けることによって互いにポテンシャルを高め、より幅広い創作活動につながればと考える」として企画されました。

作家略歴

岩田 眞砂子 IWATA Masako

糸商や紡績のカシミア販売促進用のデザイン及び作品制作を手掛ける。

趣味で編み物をはじめ、編み物教室講師・アパレルのニットデザイナーとして、20代後半から現在までニッ トと関わり続ける。

現在は兵庫県丹波市に在住し、田舎暮らしを満喫しながらニット作品制作のほか、神戸と丹波で編み物教室を開催中。

2009年 小河浩子とニット展
2010年 小河浩子とニット展
2011年 ハマナカ(リッチモア)に作品掲載(A/W)
2011年 ハマナカ(リッチモア)に作品提供(S/S)
作品画像

小河 浩子 OGAWA Hiroko

帯のデザインルーム、デザイン事務所を経て百貨店販売促進部(ウインドディスプレー等担当)へ。同時に インテリアコーディネーターとしてフリーで活躍。
その後、ファッションを中心に、インテリア・雑貨・ブライダル・フラワーアレンジなどのスタイリストとして、雑誌・広告などで活躍。

平成2年に有限会社オフィス小河を設立。
食通のブレーンが多いため日々の生活の中に仕事を活かし、食事会やテーマ付きのパーティーを企画し、雑誌取材などを受ける。

現在、ホテルのブライダルカタログやフェアーのディレクション。テーブルコーディネイトなどの講師や店舗・レストラン・ホテルなどのディレクションウインドゥディスプレイ等のほか、ファッションスタイリング・衣装制作・インテリアコーディネイト・ブライダルコーディネイト・テーブルトップ・物撮イメージ等を手掛ける。

主なクライアントとして、電通・博報堂・凸版印刷・株式会社グランマーブル・ハマナカ株式会社・神戸北野 ホテル・ENUOVE・アシックス・ミズノ・グリコ・菊太屋・阪急百貨店・高島屋・伊勢丹 等

2009年 26回読売広告大賞
阪急阪神百貨店 クリアランスポスター岩田真砂子と2人展(11月)
2010年 岩田真砂子と2人展(6月・10月)
作品画像

塚本 千恵美 TSUKAMOTO Chiemi

神戸生まれ。趣味のバッグ作りから「プロへの道」の思いでイタリア・ミラノに渡る。
フォーマルバッグの老舗「Leu Locati」社で制作を学びつつ、ロンバルディア州立プロ養成学校にてディプロマを取得し、制作活動 ののち約6年の留学を終える。

帰国後、欧州のアンティークやオリジナルの金具そしてイタリアの布・革等素材を用いて、一点ものの作品 作りをするとともに、神戸・東京にてバッグ教室「Borsa Borsa」を主宰。
大学講師を務め、後進の指導に当たっている。

2002年 ミラノにて初の個展
2003年 神戸ギャラリー北野坂にて個展
神戸ファッション美術館
「神戸ライフスタイル展」出展
京都ギャラリーRojiにて個展
2004年 神戸/北野にアトリエ開設
バッグ教室「BORSA BORSA」開始
神戸ギャラリー北野坂にて個展
2005年 大丸神戸店暮らしのギャラリーで作品展
2006年 東京銀座ギャラリーオリムにて個展
2007年 神戸トアロードギャラリーにて個展
2008年 東京銀座ギャラリーオリムにて個展
2009年 主宰する「BORSA BORSA」バッグ教室作品展
2010年 東京銀座ギャラリーオリムにて個展
神戸ギャラリー北野坂にて個展
作品画像

展示風景

開催風景 開催風景 開催風景 開催風景 開催風景
開催風景        
空白