Exhibition
タイトル画像

Gallery PARC[グランマーブル ギャラリー・パルク]では、2012年2月7日から12日まで、「日々 うつろい:丸岡未来 個展」を開催いたします。 本展覧会は成安造形大学日本画クラスに研究生として在籍する丸岡未来(まるおか・みき, 1988~)による個展です。

「目に映る“美しい色、形、光、時間、想い”を日々の生活から感じ、表現しています。」と語る丸岡は、おもに人物を中心に、力強い構図・色彩によって構成された作品を大きな画面に向かって描き出し、それは一見すると何気ない「日常」そのものを描き出しているかのように見えます。

しかし、ゆっくりと作品に目を凝らし、淡く揺らいだ色彩による画面の中に、異なるイメージや装飾のような「非日常」の混入を見つけるうちに、いつしかそこに虚実の曖昧な世界を見ることができます。 「私たちの世界はとても曖昧で、不確かなものです。現実の世界に少しばかりの夢を込めて、形に残せていけたらと思います。」と語る通り、丸岡の感じる想いすら綯い交ぜとなった作品は、見るたびに異なる印象を与える日本画の魅力とともに、「うつろう」世界そのものを垣間見る、不思議な作品体験をお楽しみいただけるのではないでしょうか。

【展覧会について】

この一年間、様々な経験を積み、周囲の人達の大切さを実感することが多くありました。それと同時に、過ぎ去っていく季節、時の流れる早さを強く感じました。 確実に時は流れ、日々、少しずつ周囲の変化と共に、私の気持ちも移ろいでいきます。 そんな毎日が当たり前のように過ぎていき、見慣れた光景が、描いているときは鮮やかに見えてきます。 目に映る“美しい色、形、光、時間、想い”を日々の生活から感じ、表現しています。 私は、絵を描くという行為で自己という存在を確かめ、周囲を取り巻く環境や自身を見つめ直し、人としての成長につなげていきたいと考えています。 作品を見てくださった方々の日常に、そっと寄り添うような感覚を感じていただければ幸いです。

【作品について】

主に人物を中心に描き、日常・非日常的なものや身近なもの、描きたいものを平面上で繋ぎ合わせ、非現実的な空間を創り出し、その時感じた想いを表現しています。 筆を使わず、絵具を垂らしていると、あのとろとろとゆっくりと流れ落ちる感覚や粒子の混ざり合う様子が、自分の一部かもしれないと思うようになりました。 それは、楽しいときもあれば、苦しかったり、弱かったり、満たされなかったり。私たちの世界はとても曖昧で、不確かなものです。現実の世界に少しばかりの夢を込めて、形に残せていけたらと思います。

作家略歴

丸岡 未来 MARUOKA, Miki

略歴

1988 香川県 三豊市に生まれる
2011 成安造形大学 造形学部 造形美術科 造形表現群 日本画クラス 卒業
現在 成安造形大学 芸術学部 西久松研究室 研究過程 在籍

主な展覧会

2009 めぐる
むろまちアートコート(京都)
日本画表現の可能性
成安造形大学ギャラリーアートサイト(滋賀)
2010 成安造形大学進級制作展
滋賀県立近代美術館
第36 回春季創画展 入選
京都市美術館
美術領域クリアファイルチョイス展2010
成安造形大学ギャラリーアートサイト(滋賀)
ホテルグランヴィア京都 学生日本画作品展
ホテルグランヴィア京都M3階
CENDRILLON  be-京都(京都)、成安造形大学スパイラルギャラリー(滋賀)
2011 成安造形大学卒業制作展 優秀賞受賞
京都市美術館
美術領域研究生展
成安造形大学スパイラルギャラリー(滋賀)
美術領域クリアファイルチョイス展2011
成安造形大学スパイラルギャラリー(滋賀)
碧い石見の芸術祭2011「美術大学日本画選抜展」 奨励賞受賞
岡見地区スポーツセンター特別会場(島根)
第37 回春季創画展 入選
京都市美術館
鈴木梨華× 丸岡未来 展
テンポギャラリー / りそな銀行京都支店(京都)
 
作品画像

「Spring garden」 
112×145.5cm
高知麻紙、水干絵具
岩絵具、銀箔

作品画像

「秋の詩」
112×145.5cm
高知麻紙、水干絵具
岩絵具、銀箔

作品画像

「時の踊り」
116.0×110.0cm
高知麻紙、水干絵具
岩絵具、洋金箔

作品画像
作品画像

「Hello Goodbye」
130×162cm・二枚連作
高知麻紙、水干絵具
岩絵具、銀箔

作品画像

「Mother Leaf」
41×31.8cm
麻紙、水干絵具、岩絵具、銀箔

展示風景

開催風景 開催風景 開催風景 開催風景 開催風景
開催風景 開催風景 開催風景    
空白