Exhibition

Gallery PARC[グランマーブル ギャラリー・パルク]では、2011年4月29日から5月15日まで開催の「 fujii + fushikino:モスリンの服」展にあわせ、会期中の6日間、若手ミュージシャン3人によるピアノ、チェロ、ギターの生演奏によるライブ【contact】を開催します。

若手ピアニストとしての演奏活動の他、舞台の音楽監督を手がけるなどその活動の幅を広げる中野公揮、3歳からチェロを始め、フランス留学を経て、横浜市開港150記念コンサートでのソロ演奏など、精力的に活動している笹森壮大、自身のバンドやソロ演奏・作曲・ポップスなどのサポート活動などで活躍するギターの橋本翔太の3人により、スタンダードなクラシックの楽曲から、ジャズやオリジナルまでバリエーション豊かな構成によるライヴを、色彩豊かな布や服が展示された空間でお届けします。

「contact = 接触」には、3人の個性のぶつかり合いや、異なる表現との接触、ギャラリーという開放的な空間でのライブによって、お客様と音楽との思いがけない出会いの機会になれば、との思いが込められています。

音楽と真摯に向き合い、自らの音楽の可能性を探りながら、様々な取り組みにチャレンジする若いミュージシャンが、ギャラリーという空間の中で、色とりどりの服と音楽とのコラボレーションに挑みます。 開放的なギャラリーに響き渡る、若いアーティスト達の鮮やかな音色をお楽しみください。

アーティスト・ステートメント

contact:相手との交渉、連絡を持つこと。 交際・接触

先日、史上最大級の地震が日本列島を襲いました。
未だ多くの人々が、相継ぐ余震など様々な脅威に晒されていますが、 その一方で確かに復興に向けての動きも始まっています。 社会の細分化が進み、他との関わりが希薄になりがちな昨今ですが、 今こそ、すべての人や物との接点・接触の可能性を探したい。 そして、音楽を通して多くの人々と繋がっていければと思います。(中野公揮)

作家略歴

中野 公揮(なかの こうき)

作曲・ピアノ
1988年福岡市生まれ。

桐朋女子高等学校音楽科卒業後、作曲を学ぶ。
2009年いしだ壱成主演舞台「新・罪と罰」に音楽監督として参加、全曲作曲、演奏を手掛ける。
2010年福岡にてピアノ・ソロリサイタル開催。
2010年浅見れいな主演舞台「結婚狂想曲」に音楽監督として参加。
これまでにピアノを渡邉康雄、山田富士子に作曲を安良岡章夫、森垣桂一に師事。 コンポーザー及びピアニストとして幅広く活動している。 現在、東京芸術大学作曲科在学中。

笹森 壮大( ささもり そうた)

チェロ
1988年東京生まれ。

3歳よりチェロを始める。
桐朋学園女子校等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部入学。
2008年よりフランス Conservatoire Regional de Rueille - Malmasoin に留学。
泉の森チェロコンクール中学生の部入賞、 スズキメソード記念コンサートでハイドンのコ ンチェルトをオーケストラと共演。 横浜市開港150記念コンサートにてソロ演奏を行う。 これまでにチェロを臼井洋治、倉田澄子、M・ミローネの各氏に師事。山崎伸子、林峰男 、アラ ン・ムニエのマスタークラスを受講
室内楽を徳永二男、毛利伯郎に師事。

橋本 翔太( はしもと しょうた)

ギター
13歳より独学でギターを始める。

国立音楽大学音楽文化デザイン学科に入学後、同学科にてコンピュータ音楽と作曲を学ぶ。 またジャズ理論、アンサンブルを山下洋輔、池田篤、小曽根真氏らに学ぶ。 現在自身のバンドやソロ演奏、作曲、ポップス等のサポート活動を行っている。

展示風景

開催風景 開催風景 開催風景 開催風景  
空白