Exhibition

Gallery PARCでは、京都の文化・創造活動の更なる活性化への支援のひとつとして、 若いアーティストに発表の機会を提供し、未知数の表現と多くの皆様との接点となるべく取り組みを続けています。

この度は、美術作家・武田梨沙による「neither truth nor fiction」展を開催いたします。 2010年に成安造形大学・テキスタイルアートクラスを卒業、現在は同大学にテキスタイルアートクラス研究生として在籍する武田梨沙(たけだ・りさ 1987〜)は、これまでおもに「織り」による作品を制作しています。

「形状は自然と生まれた。織りと素材が互いに融合し、彼らが願う姿を私が生み出す」と語る武田は、糸を平面に、平面を立体に織り上げる過程で、その素材と向き合いながら、自然とあるべきフォルムを見つけ出します。また、たとえばポリプロピレンと絹など、丹念に織り込まれた糸そのものが持つ素材感は、自然と全体に反映しながらも、そこに新たな「質感」を生み出しています。

鑑賞者は、全体を眺め、部分に目を凝らし、時にその裏側に視点を移動させることで、「織り」によって作品が併せ持つ、様々な表情を感じることができるのではないでしょうか。 本展では、武田の新作とともに、大型の織り作品《Peeping Through》、《melting cloth》、平織りのタペストリー作 品《Point of View》を、ギャラリー空間に合わせて展示いたします。

アーティスト・ステートメント

糸のつやのない鈍い印象、染色による発色の低さが嫌いだった。
織りは糸状、紐や短冊のような単純な線のものであれば何でも織れる。
ただ織り込む素材を自分が求める質感へと変えるだけにとどまらず、
織るという行為によってより私の望むもべきものへと近づいていく。

また、織りをしていると、布の表裏に表情の違いがあることに気づく。
同じひとつのものからできているはずなのに、裏面には糸のはじまりと終わりが現れる。
その存在を度外視して、ただただ織りという行為に没頭していた自分が恥ずかしくなった。
その姿をなんとかして見せられる形にしたいと思った。 それが立体へ変貌するきっかけであった。

形状は自然と生まれた。
織りと素材が互いに融合し、彼らが願う姿を私が生み出す。
ただそれだけのこと。

本展コーディネーター・草木 貴照テキスト

彼女の作品は剛胆である。
テキスタイルが持つイメージからはほど遠い言葉であった。

一見、それはやわらかく透明感を漂わせて眼前に現れる。
一枚の布から形成されていることすら感じさせないフォルムと質感を持って。

決して素材に強要させることなく、ただ、あるべき姿へ誘うかのように、
そこには彼女によって支配された繊維の集合体が存在している。

作家略歴

武田 梨沙 Risa Takeda

2010 成安造形大学 テキスタイルアートクラス卒業

個展

2011 Point of View(GALLERY&SHOP 柳小路/京都)
2010 far in the distance(立体ギャラリー射手座/京都)

主なグループ展

2010 タペストリー展(ギャラリーアートサイト/滋賀)
成安ミニアチュール展(ギャラリーマロニエ/京都)
SEIAN PUSH(ギャラリーアートサイト/滋賀)
hide and seek(ギャラリーはねうさぎ/京都)
2009 芸術系大学作品展2009~ART UNIV.2009~(元・立誠小学校/京都)
MESSAGE in TEXTILE(ギャラリーアートサイト/滋賀)
ミニアチュール展(滋賀県立美術館ミニギャラリー/滋賀)
空間とかたち(ギャラリーアートサイト/滋賀)

賞歴

2010 4th RIGA INTERNATIONAL TEXTILE AND FIBRE ART TRIENNIAL Special Prize of the Riga City Council(Riga/Latvia)
第60回西宮市展 入選(西宮市民会館/兵庫)
2008 ておりや創業30周年記念公募展 入選(グランキューブ大阪/大阪)

《melting form》  2011

《melting form》(部分)  2011

《melting cloth》  2010

《melting cloth》(部分)  2010

《Point of View》  2011

展示風景

開催風景 開催風景 開催風景 開催風景 開催風景
開催風景 開催風景 開催風景 開催風景 開催風景
空白