m@p Artist

田中奈津子

Tanaka Natsuko

m@p standard
  • 各回封入予定 ZINE 素材イメージ 

  • 各回封入予定 ZINE 素材イメージ  

  • 各回封入予定 ZINE 素材イメージ 

  • 各回封入予定 ZINE 素材イメージ 

キャンバスの上からではなく、自身が受けた時間や空間、歴史や暮らしなどの様々な制約・影響に意識を向け、「描くこと」から絵画を立ち上げてきた田中は、4月よりジャカルタでの生活をスタートさせました。未知なる国で徐々に知識や経験、そこでの暮らしを獲得している田中が描く絵画はどのようなものとなるでしょうか。毎回送られてくるドローイングやコラージュなどによるZINE形式の作品により、田中の進行形の現在をお楽しみください。


 

ロット:7

販売価格:¥50,000(税別・送料込み)


私は大学卒業後からいままで京都で絵画の作家として活動してきましたが、この春からジャカルタでの生活がスタートしました。 こちらに到着した日がちょうど大規模社会制限の開始日であり、自分にとってもこの都市においても新しい日常が始まりました。 カルチャーショックとニューノーマルがごっちゃ混ぜの異空間において、まずは言葉を覚えたり、道を覚えたり、乗り物に乗れるようになったり、買い物ができるようになったりと、まるで人が発達していく過程を一つ一つ再確認していくようなプロセスの先に, もう一度結ばれる絵画はどのような風景を描くでしょうか?未知の姿に期待をはずませながら、まずは身の回りのコト、モノを一つずつ記していこうと思います。

 

[m@p]スタンダードでは日々の生活の中で気づいたこと、観察したものを現地で調達した道具や材料とともにテキストやドローイング、コラージュなどで構成されたハンドメイドのZINE形式にてインドネシアからみなさまにお送りしたいと考えています。 作品は印刷物やドローイング等が混在した「ユニークピース・マルチプル」となります。 また画材の購入やプリントにも一苦労する環境の中、zine制作のこぼれ話や現地レポートなども同時に動画配信できればと考えています。

 

■初回封入内容

インドネシアの生活の中で手に入れた紙、布、絵具、ドローイング等を組み合わせ、またテキスト等を添えて制作した手作りのZINEをお送りいたします。

 

 

田中奈津子による動画配信 「Halo! dari Jakarta」




m@p premium
  • プレミアム参考画像 

インドネシアで見かけるムスリムの礼拝。田中にはその場で使用される色鮮やかな礼拝用のマット「サッジャーダ」が、布や絵が持つ包容力により人々に祈りの場を与えていることが、自身にとっての「キャンバスに描く」行為に重なったといいます。プレミアムでは、インドネシアで手に入れた布素材と描画を組み合わせて、 誰かの「祈りの場」となる作品をお送りします。


 

ロット:1

販売価格:¥300,000(税別・送料込み)

 

インドネシアに暮らしているとムスリム達のお祈りの習慣に新鮮な驚きを覚えます。 彼らがお祈りの時に使用する礼拝マット「サッジャーダ」には鮮やかなモスクの絵が施されてあり、 神聖な祈りの場所を用意しています。 布や絵が持つ包容力、そしてそれに重ねる人々の祈りは、 日本人の画家の私にとって「キャンバスに描く」という行為と 重なって見えます。 プレミアムでは インドネシアで手に入れたバティック等布素材と描画を組み合わせて、 エトランジェにとっての「祈りの場所」となる絵画を描いて一枚ずつお送りいたします。

 

参考サイズ :人が座れる程度の大きさ(約100×60cm)。素材は布にアクリル絵具等(予定)

 

 

作家情報

田中 奈津子|Tanaka Natsuko

様々なモノやコトの間に結ばれる、今を生きている人のための絵画を描きたいと思っています。

 

https://natsunique.tumblr.com

 

作家略歴

 

1981年 福岡県北九州市生まれ
2007年 京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻修了
2020年〜 インドネシア、ジャカルタ在住

個展

2020年 ANDROGYNOS/Gallery PARC(京都)
2019年 Being series/ギャラリー白(大阪)
into Being /d3 Gallery(北九州) 他
2018年 Open Working "Being series" /京都市岡崎いきいき市民活動センター
2017年 きょうの壺 プレミアム/Gallery PARC(京都)
アブストラクト食う女/ギャラリー島田 deux(神戸)
2016年 繋ぐ、結ぶ、続く、絵/アートスペース虹(京都)
2014年 わたし壷世界/アートスペース虹(京都)
2013年 Fantasy for Adults/アートスペース虹(京都)
2012年 豊かな絵/アートスペース虹(京都)
2011年 デコレーション/アートスペース虹(京都) 

グループ展

2020年 「VOCA展2020 現代美術の展望─新しい平面の作家たち─」/上野の森美術館(東京)
2019年 「ポートレートモード」 黒宮菜菜、田中奈津子/2kw Gallery(滋賀)
2018年  「壺の中のダイアローグ  ―陶と絵のあいだで―」石黒紀子、田中奈津子/ギャラリー恵風(京都)
2016年 二人展「SPECTRA」 鷹木朗、田中奈津子/ギャラリー恵風(京都)
2013年 「悦ばしき知覚」 関口敦仁、山部泰司、松井沙都子、田中奈津子/galerie16(京都)

受賞歴

2015年 マネックス証券Art in the office 2015審査員特別賞

パブリックコレクション

大分県立美術館 京都第二赤十字病院  
 
作品画像
作品画像
作品画像

「ANDROGYNOS」展示風景
(2020, Gallery PARC)

作品画像

左から《ANDROGYNOS#1,#2》

2019 

キャンバス、アクリル 

227×180 cm

「 VOCA展 2020 現代美術の展望-新しい平面の作家たちー」 (2020, 上野の森美術館/東京 ) ©︎上野則宏

作品画像

《ANDROGYNOS#4》
2019 
キャンバス、アクリル 
190×130 cm

作品画像

個展「into Being」展示風景 
2019年

d3 Gallery/北九州市 

©︎四宮佑次

作品画像

個展「into Being」展示風景 
2019年

d3 Gallery/北九州市 

©︎四宮佑次

作品画像

「Being series」展示風景 
2019年
ギャラリー白kuro/大阪 
©︎南野 馨

作品画像

石黒紀子と共作 「陶の壷の絵#1」

2018 

158×325cm

陶土、キャンバス、アクリル絵具

@Tomas Svab

 

 

空白