Exhibition
タイトル画像

本展はパフォーマンスと作品展示で構成しております。
公演時間中は展示をご覧いただくことはできません。それ以外の時間は無料にて「展示」をお楽しみいただけます。
パフォーマンスの詳細はこちらをご確認ください。

 ギャラリー・パルクでは、2014年2月27日[木]から3月2日[日]まで、倉田翠 展示・公演企画『今あなたが「わたし」と指差した方向の行く先を探すことIII』を 開催いたします。
本企画は、2010年に京都造形芸術大学 映像・舞台芸術学科を卒業し、その後も京都を中心にダンサー・演出家として活動をおこなう倉田翠(くらた・みど り)による展示・公演企画です。2010年、2011年と過去2度に渡って開催されてきた企画の第三弾となる今回は、2010年から本企画に参加してきた島 崇(しま・たかし)、仲谷 萌(なかたに・もえ)、映像スタッフとして参加してきた山田晃嗣(やまだ・こうし)をはじめ、新たに、劇団「夕暮れ社弱男ユニット」の御厨 亮(みくりや・りょう)、ダンスカンパニー「KIKIKIKIKIKI」メンバーの野渕杏子(のぶち・きょうこ)、フリーのダンサーとして活動をおこなう佐藤健大郎(さとう・ けんたろう)、バンド「NEW MANUKE」のメンバーの1人であり、舞台音響の方面で活動をおこなう荒木優光(あらき・まさみつ)を迎えた合計8名が「身体」 を展示する「展示」と、倉田の演出による「舞台」公演をおこないます。加えて服飾作家として活動をおこなう小梶真吾(こかじ・しんご)は、メンバーにTシャツデ ザインを提案、会期中に発表します。

倉田は「見るもの=観客」と「見られるもの=パフォーマー」といった関係を明確として、舞台上でおこなわれる事柄すべてを「虚構」に近いとされる現在の「舞台」の在り方に対し、「どんなに劇的な時間をつくり出せたとしても現実という本物には勝つことができない。実際に人と人が関係する場合に生じるあの 対等な緊張感を見せることはできないのか」といった問いをメンバーに投げかけます。

「展示」では、メンバーがギャラリー空間に滞在し、自宅の家具を持ち込んでくつろぐ、豆を煮る、居合わせた観客と会話をする、時に踊りだすなど、予測不可 能な「身体」を示し、そこに鑑賞者を含む「他者」が関わる状況を生みだすことで、観客とパフォーマーの境界を綯い交ぜとします。また「舞台」では、観客とパフ ォーマーの関係を保ちつつ、「他者」と「わたし」を巡る問いに「舞台作品」として挑みます。

「展示」と「舞台」という構造が綯い交ぜに、あるいは入れ子となってギャラリー空間に交錯する時間をお楽しみください。

開催情報

日 時
2014年2月27日(木)・2月28日(金)・3月1日(土)・3月2日(日)

時 間
11:00~20:00 ※最終日18:00まで

料 金
「舞台公演」
2月28日(金) 18:00〜19:20
3月 1日(土) 13:00〜14:20 / 18:00〜19:20
3月 2日(日) 13:00〜14:20

タイトル:「8人の人が同じ空間にいるという、それだけのこと」
演出:倉田 翠
出演:山田晃嗣、倉田 翠、仲谷 萌、荒木優光、御厨 亮、佐藤健大郎、野渕杏子、
島 崇
料金:前売り/1800円 当日/2000円

*上記の4つの日時のみ「舞台公演」として有料となります。公演時間中は展示をご
覧いただくことはできません。それ以外の時間は無料にて「展示」をお楽しみいただ
けます。
*公演の開場時間はございません。開演前に会場に来ていただくことをお勧めします
(途中入場可)
*作品の一部に、刺激の強い映像が上映されるパフォーマンスがあります。ご心配な
方は、事前にwatshi.saki3@gmail.comにお問合せいただくか、当日会場にいる受付ス
タッフに、お申し出ください。

舞台チケット
予約方法(締切:各公演前日まで・定員になり次第締め切り)
メールに
①氏名(ふりがな)、②申込人数、③ご連絡先(メールアドレス)④希望日時を明記の上
watshi.saki3@gmail.com にご連絡ください。
予約確定後、ご連絡を差し上げます。
※チケットの受け渡し、清算は当日会場にておこないます

本企画についてのお問い合わせ 
watshi.saki3@gmail.com

内容詳細
(FACEBOOK)https://www.facebook.com/watashi.saki
(tumblr) http://watashi-saki.tumblr.com/

協力
ギャラリー・パルク、京都造形芸術大学

主催者より

 なんという退屈さ。毎日とは、これくらい単調で拘束されたものである。 この退屈な毎日に、あなたと関係していくという作業があることによって、恐らく、何とかやっているのです。 例えば、どんなに劇的な時間を作り出せたとしても、現実というそれらには、勝つことができないと思っている。ここで起こることもすでに、
“作品”という虚構である。


倉田 翠

倉田 翠(くらた・みどり)

企画主催・展示参加・舞台演出/出演
1987年生まれ、三重県出身。3 歳よりクラシックバレエ、モダンバレエを始める。京都造形芸術大映像・舞台芸術学科2010 年卒業。現在は京都を中心に、ダンサー、演出・振付家として活動。「すごいダンスin府庁」実行委員長。

荒木優光(あらき・まさみつ)

展示参加・舞台出演
1981年生まれ。山形県出身。音響作家。過去に音響による上演作品「@アッチ&コッチ~N市からの呼び声」(2011)、「パブリックアドレス-音場2」(2013)や記録音楽シリーズ「横断の調べ」、視覚障害者の耳と風景に関する展示やフィールドレコーディングCDなど、リスニングとその環境をめぐる作品を作る。映像やパフォーマンス作品への音参加も行う。
バンドNEW MANUKEメンバー(アラキパラミツ)  
araki-masamitsu-paramiz.com

小梶真吾(こかじ・しんご)

T シャツ制作
1991年生まれ、東京出身。京都造形芸術大学空間デザイン学科ファッションデザインコース4 回生。主な展示に、『京阪神6大学合同発表展』( 神戸ファッション美術 館、2012 年)、『Two_Two』展(gallery110、2013 年) など。

佐藤健大郎(さとう・けんたろう)

展示参加・舞台出演
1978年生まれ、兵庫県姫路市出身。現在はフリーのダンサー。ソロ作品『犬』『ミューザー』、森川弘和とのデュエット『conductor』、DavidWampach との映像作品 『FIRST SHOW』を発表。幅広い層へのワークショップにも力をいれている。

島 崇(しま・たかし)

展示参加・舞台出演
1981年生まれ、秋田県秋田市出身。京都造形芸術大学、映像・舞台芸術学科2009年卒業。在学時、松田正隆、山田せつ子、岩下徹らに師事。卒業後、松田正隆率いる マレビトの会に役者として出演。またダンサーとして北村成美、伊藤キム、京極朋彦、倉田翠、武道家の日野晃らの作品に出演。昨年、自身初のソロダンス作品「秋田愛 憎」を地元秋田で発表。今後も積極的にソロ活動を続けていく予定。

仲谷 萌(なかたに・もえ)

展示参加・舞台出演
1989年生まれ、大阪府交野市出身。東住吉高等学校芸能文化科、京都造形芸術大学舞台芸術学科2011 年卒業。現在、関西を拠点にフリーの役者として活動。

野渕杏子(のぶち・きょうこ)

展示参加・舞台出演
1984年生まれ、京都府出身。京都造形芸術大学映像・舞台芸術学科2006 年卒業。2004 年より、KIKIKIKIKIKI の活動に参加。その後KIKIKIKIKIKI の活動と並行し て、山田せつ子、伊藤キム、北村成美、荒木志珠、村川拓也の作品やデカルコ・マリィ企画にもダンサーとして参加。ソロとしても踊っている。

御厨 亮(みくりや・りょう)

展示参加・舞台出演
1986年生まれ、東京都出身。役者・パフォーマー。夕暮れ社弱男ユニット所属。近年の主な出演作品は、2012 年、伊藤キムダンスプロジェクト『go-on体の森をゆく』、 Take a chance project029『結婚』『戯舞』( きたまり/ KIKIKIKIKIKI) 。2013 年、TPAM in Yokohama『戯舞』( きたまり/ KIKIKIKIKIKI)、TPAM in Yokohama『エキストラ・カーテンコール』(ナデガタインスタントパーティー)に参加。

山田晃嗣(やまだ・こうし)

展示参加・舞台出演
1987年生まれ、大阪府出身。2010 年京都造形芸術大学を卒業後、ドキュメント映像を主に制作しながら様々な企画に参加。現在滋賀県信楽町在住。知的障がい者の 福祉施設で働きながら、アートと生活と労働について考査中。

 
作品画像

今あなたが「わたし」と指差した方向の行く先を探すことI
2010年 京都造形芸術大学 GALLERY RAKU

作品画像

今あなたが「わたし」と指差した方向の行く先を探すことI
2010年 京都造形芸術大学 GALLERY RAKU

 

空白