Competition
タイトル画像

プランタイトル「アンバー・ランド」(仮)

出展作家:洪 亜沙  
形式:個展(インスタレーション)
開催:2019年 7月26日(金)~8月11日(日)

【展覧会プランのコンセプトやテーマ】
私たちは常に何かの社会や時代に繋がれているが、それらには必ず外部がある。その外部が見えた時、自分が立つ土地は急に脆くなる。同じことはこの世界そのものについてもいえる。世界の外部を少しでも想像しようとすると、この世界が存在しているのかわからなくなるときがある。
 この浮遊するような感覚は、テーマパークに来たときの感覚と似ている。来場者はしばしば、テーマパークの外側を知っていながら、内側の世界に没入してしまう。
 今回の展覧会では、架空の歴史や宗教をつくりあげるが、それは別の現実をつくるということではない。テーマパークでの夢うつつなのである。

【ステートメント】
現実と虚構の境目を曖昧にしていくような作品を制作している。人種や習慣などからくる、人々の見方の違いや、時代による変化に着目し、物事を多視点的に捉えるように心掛けている。 私の作品の中には私の空想の物語がある。その物語を、長らく美術の主題であった「歴史」や「宗教」と結びつけ、現実の空間から切り離された舞台装置のようなものを作っている。
矛盾を含んだ現実と虚構を同時に捉えた世界を表現することに渇望を抱き、制作している。
 フランスの小説『日々の泡』の前書きから引用する。
その例証がここに展開する数ページで、お話は隅から隅まで想像でつくりあげたものだからこそ全部ほんとの物語になっているところが強みだ。物語のいわゆる現実化とは、傾斜して熱っぽい気分で、ムラ多くねじれの見える平面上に現実を投影することだ。(ボリス・ヴィアン著 曾根元吉訳『日々の泡』新潮文庫)

【プラン採択・実施にあたってのコメント】
プランが採択されとても嬉しく思っています。個展は初めてなので不安も多くありますが、なんとか切り抜けてその先が見えたらいいなと思います。PARCはホワイトキューブであるのにわざわざ「美術」の「台座」を設けようとしているので自分で少し笑いそうになるのですが、そういうところは楽しんでいきたいと思います。また鑑賞者にとって、単純に面白いこと、興味深いと思えるような仕上がりにできればと思っています。

作家略歴

 

洪 亜沙|Hong Ahsa

1996年 大阪府生まれ
2018年 嵯峨美術大学 芸術学部造形学科 油画分野 卒業
現在 嵯峨美術大学 大学院芸術研究科 在学

グループ展

2019年 On the Steps 2019 (Steps Gallery / 東京)
2018年 うのぜみ2018(Steps Gallery / 東京) 
第21回JAALA国際交流展(東京都美術館 / 東京)
les signes 2018(Oギャラリーeyes / 大阪)
2017年 one room(嵯峨美術大学 / 京都)
SAGA DASH 2017(Art-Space MEISEI / 京都)
Joyful(Art-Space MEISEI / 京都)
 
《イーランの昇天》

《イーランの昇天》

2019

サイズ可変 

木、油彩、アクリル、電球、粘土、布 

《アンバー叙事詩(sfx)》

《アンバー叙事詩(sfx)》

2018

サイズ可変

木、アクリル、粘土、セメント

《思い出》

《思い出》

2018

530×728mm

木、油彩、ペンキ、テンペラ、鉛筆 

《思い出(海)》

《思い出(海)》

2018

400×605mm

木、油彩、ペン、鉛筆 

《髪結い》

《髪結い》

2017

サイズ可変 

机、椅子、紙、石 

 
空白